ページビューの合計

2018年4月19日木曜日

学習会 

演題: 核文明の自滅性と未来倫理  脱原発・核廃絶を考えるための哲学を求めて

講師:中島吉弘さん(桜美林大学教授、哲学・倫理学)

「原発事故を考える町田市民の会」では、ホールを会場として多くの方たちにご参加を呼び掛ける講演会等の企画とは別に、学習を目的とした小規模な学びの場を設けています。今回、下記の計画を立てましたので、ご案内いたします。

参加は無料です。小規模な会場のため定員に限りがありますので、ご希望の方は16日までに申し込みをお願い致します(申込先は本メールの返信又は machidashimin@gmail.com 氏名と電話番号を記載)。

             記
日時:518日(金) 14401645 (開場:14:30
   終了いたしました。
講師:中島吉弘さん(桜美林大学教授、哲学・倫理学) 
会場:町田市民文学館ことばらんど第6会議室
   (東京都町田市原町田4丁目1617号)
演題:核文明の自滅性と未来倫理  脱原発・核廃絶を考えるための哲学を求めて
要旨
 私たちはヒロシマとナガサキ、そしてフクシマの悲劇を経験する中で、核文明の恐ろしさを心底学んだはずである。だが依然として、核抑止論は流布され、原発再稼働への流れは広範な市民の粘り強い反対や抵抗にもかかわらず押し進められ、私たちは変われない日本のタイタニック的現実を日々目撃している。こうした現実にあってなお、私たちは脱原発=核兵器廃絶への意志と希望を持ちつづけねばならない。しかし、なぜそう言えるのか?

 この学習会では、この問いに答えるべく、私が考える人類史と社会体の普遍的構成力学という包括的な視点から、核文明の本質を暴力性、脆弱性、自滅性として見定め、さらにマルティン・ハイデガーの近代技術批判やハンス・ヨナスの未来倫理学を手がかりにして、脱原発・核廃絶のための文明論的な自覚と展望を分かち合えればと思う。


主催:原発事故を考える町田市民の会

2018年2月21日水曜日

講演会 添田孝史さん 「大津波の警告を葬った東電と国」

講演会   添田孝史さん
「大津波の警告を葬った東電と国」

日時: 2018年4月7日(土) 1400 開演~1620 終了 (開場は開演の30分前)
   終了しました。講演と質疑応答の模様は Youtube で公開しています。
    次の URL をクリックしてください。
    https://www.youtube.com/watch?v=MRsuUPoZmUM
会場: まちだ中央公民館(109町田) 7階ホール
    ( 所在地 : 東京都町田市原町田 6-8-1 )
資料代等: 前売り700円 当日800円、学生無料(要予約) 140席 予約優先

主催: 原発事故を考える町田市民の会

東京電力福島第一原発事故は、決して想定外ではなく、手抜き対策が引き起こした「人災」だった。政府機関が予測していた大津波を、原子力安全・保安院と東電は事故9年前に知っていながら対策に結びつけなかった。その実態を政府の事故調査委員会も知っていながら報告書に書かず、国民の目を欺き続けた。事故から7年、公文書の開示や裁判によって、ようやく見えてきた事故前の国や東電の失敗を、わかりやすく解き明かす。

 添田孝史さんプロフィール
 福島原発事故の国会事故調査委員会の協力調査員として津波分野を担当。
 1964年生まれ。朝日新聞社の医療・科学分野の記者を経て、現在フリーランス。
 著書 「原発と大津波 警告を葬った人々」、「東電原発裁判福島原発事故の責任を問う」
      共に岩波新書





2017年11月11日土曜日

公開講演会「脱原発と核兵器廃絶をめざして 私たちに何ができるのか」12月15日(金)

公開講演会<市民と学生の共学>
「脱原発と核兵器廃絶をめざして 私たちに何ができるのか」
終了しました。
様子は youtube ( https://youtu.be/rl1kkUh2b_c  リンク先変更済みにアップしました。


2017年12月15日(金)14:45開演(14:30開場)   入場無料
講師:松久保 肇さん
原子力資料情報室 事務局長 国際関係担当  詳細な下部に記載
 
テーマ
 今を生きる私たちは、極めて深刻な状況に置かれています。核兵器をめぐって、国連での核兵器禁止条約の採択、核兵器廃絶に取り組む国際キャンペーンICANのノーベル賞受賞など、大きな希望が生まれました。一方、北朝鮮の核兵器問題、トランプ政権の小型核兵器開発、韓国での核兵器再配備論、米中ロ間の軍事的緊張の高まりなど、新しい核の時代に向けた動きも深刻化しています。
 原子力の分野では、日本は、世界の趨勢に反して依然原発に固執し、プルトニウム大量保有に繋がりかねない破綻した核燃料サイクルを、米国や世界の懸念をよそに今なお推進しています。日本は、原発の使用済み核燃料を再処理して取り出されるプルトニウムを、核弾頭にして約6,000発保有しており、隣国の韓国や中国などを刺激して、北東アジアに緊張をもたらしています。
 このような状況にあって、私たちにできることをみなさんと考えます。

会場:桜美林大学町田キャンパス(町田市常盤町3758)
    太平館2階、レクチャーホール(定員447名)
    早く来られた方は1階のオープン・スペースでお待ちください)

アクセス:JR横浜線淵野辺駅(北口):無料スクールバスで約8分(10分間隔で運行)
      小田急線・京王線多摩センター駅(南口):無料スクールバスで約20分(30分間隔)
      町田駅(町田バスセンター):神奈中バスの小山田桜台行き等 桜美林学園(前)(東)下車

主催:桜美林大学リベラルアーツ学群倫理学専攻
共催:原発事故を考える町田市民の会
問合せ先:042-797-9624(中島)  090-8115-6294(瀬尾)

講師 松久保肇さんのご紹介
 1979年生まれ。国際基督教大学、金融機関勤務を経て、原子力資料情報室研究員。
 2016年法政大学大学院公共政策研究科修士課程修了。関心分野は、原子力政策、原子力の国際展開、原子力協定、核燃料サイクル。共著に原子力市民年鑑、検証福島第一原発事故(共に七つ森書館)など
 新外交イニシアティブの猿田佐代さん等と、日米原子力協定の期限が迫ってきたことに対して、核燃料再処理の問題を中心に、9月にアメリカでロビー活動に従事。

2017年9月30日土曜日

9月24日(日)公開学習会

9月24日(日)生涯学習センター(公民館) 学習室2









11:00~12:30 











公開学習会












「福島の実情、国の公表のまやかし、満州との深く暗いつながり」など

  










原発事故を考える町田市民の会 メンバーのお話

2017年7月25日火曜日

7月23日学習会「キリスト教の視点から考える脱原発の倫理」資料をご希望の方に

7月23日、上智大学神学部の久保さんをお招きして学習会を行いました。
すでにお伝えしていますが、講演の演題は以下です。

「キリスト教の視点から考える脱原発の倫理」

素晴らしい講演をうかがうことが出来ましたが、今回は動画をみなさんに配信することはできません。
そこで、講演の内容を文章化してご来場のみなさんにお配りしたプリントと、講演で久保さんが使われたパワーポイントをご希望の皆様のもとにお送りします。
どちらも極めて意義深いものですが、特にパワーポイントは色々な場面で活用することが出来るみなさんにとって財産となりうるものだと思います。
これを提供いただいた久保さんのお気持ちにお応えするためにも、多くの皆さんに是非見ていただきたいと思っています。
ご希望の方はご連絡ください。

2017年7月10日月曜日

2017年7月23日(日)学習会『 キリスト教の視点から考える脱原発の倫理』開催

学習会のご案内

日時 2017年7月23日(日)13:30~16:30

●演題 『 キリスト教の視点から考える脱原発の倫理』

●講師 久保文彦さん(上智大学神学部講師)

●学習会の趣旨
  原子力発電が直面する種々の問題点(環境汚染、福島第一事故後の被災者の諸問題、福島第一事故責任刑事裁判、原発再稼働、核燃料廃棄物最終処分場問題など)に対して、市民が共有できる共通の認識(着眼点)があるのではないかと考えています。

 原発に係わる問題点を考える共通の出発点として、「倫理」を正面から取り上げてみたいと考えました。

● スケジュール 
第1部 講演 13:30~15:00

 休憩 10分

第2部 質疑応答及びディスカッション15:10~16:30

●場所 町田市民文学館(ことばらんど)2階 大会議室

 〒 194-0013 東京都町田市原町田 4 丁目 16 番 17 号

●参加 どなたでも、ご自由にご参加ください。参加費はありません。

2017年6月23日金曜日

河合弘之弁護士、飯田哲也さんのトークをご覧ください

6月16日の映画「日本と再生」上映会には、多くの方々のご参加をいただきました。
この日に会場でみなさまにお話しいただいた河合弘之さん、飯田哲也さんのトークは、どちらも魅力に満ちたものでした。
 
このトークの動 画をYouTube配信しましたので、どなたでも簡単に見ることが出来ます。
お時間を作ってご覧になることをお勧めします。

原発を考える町田市民の会  YouTube と検索しても、市民の会主催企画の動画が一覧で出てきます。

今年4月24日に行った、原子力資料情報室澤井正子さんの核廃棄物最終処分についての講演も、内容豊かな見ごたえのあるものです。
また、昨年10月21日の弁護士海渡雄一さんの講演も、まだ情報が古めかしくはなっていません。
こうした講演も、この機会にご覧いただければ幸いです。